大切な愛犬を守るために癌の原因を知り、癌を予防する努力を始めよう!

良い食事を心がける!犬の癌の予防法について

2017年10月06日 18時47分

人の死亡原因の大半が癌といわれますが、犬の脂肪原因の多くも同じく悪性の腫瘍である癌とされています。
愛犬が高齢になるほど癌になる確率が高まるとされているため、飼い主さんは可能なことから始めて癌リスクを最小限に抑えることが大切です。
ここでは、犬の癌を予防することを目的とした「予防法」として最近注目されている方法をいくつかご紹介します。
 

愛犬の食生活を見直す

犬の食生活で必要とされる栄養素といえば「タンパク質」であり、人に比べると約4倍ものタンパク質の摂取が必要とされています。
そのため、このタンパク質が減ってしまったことが原因で、免疫が低下してしまい食欲が低下してしまうという問題があります。
正しい食生活が遅れていないと免疫がさらに低下しますし、免疫低下が原因で癌細胞を成長させてしまうことがあるのです。
そのため、普段から食べるドックフードは発癌性物質に変化する化学物質が多く含まれたものは避けるべきですし、
犬が必要としている質の高いタンパク質を効果的に取り入れた食生活に改善することが癌予防にはより効果が高いとされています。
最近は、愛犬が口にするペットフードの品質も向上しましたし、体調を崩したときにでも最新の医療技術のお陰で多くの病気を治療できるようになりました。
そのため、犬の寿命は年々伸びていて、より長く一緒に暮らしていくことができるとされています。
そのほか、犬にとって高カロリーの食事は癌を発生させる確率が高いとされているため、低カロリーのドックフードという点も大切なポイントです。
愛犬のための食生活を考慮したドックフードが開発されていて、添加物が一切入っていない無添加のもの、
さらには動物性タンパク質がたっぷり含まれたものもあっておすすめです。
このような健康的なドックフードはたくさんありますが、それと同時に食生活に加える食品として注目されているのが「サプリメント」です。
癌予防に効果的とされる成分が含まれたサプリメントをドックフードに合わせて与えることで、より効果的に必要な成分を摂取しやすくなります。
 

ストレス解消のために睡眠時間を確保し適度な運動をする

人も動物も同じです。健康を維持するためには良質な睡眠をとることが大切ですし、適度な運動をして犬の健康を管理することが大切です。
癌の原因とよく言われるのが免疫の低下です。
そして、免疫が低下する原因の一つが「ストレス」であり、愛犬が知らずうちに大きなストレスを抱えている場合もあるのです。
そういったストレスを解消するためには、良質な睡眠時間を確保するために愛犬が安心して眠ることができる環境を整えることが大切です。
犬は合計して半日ほど寝ていていても問題ないといわれていますので、昼寝をしている時にも眠りを妨げないようにすることが大事です。
また、適度な運動は毎日の散歩だけでも大きな効果があります。
足や骨盤が弱い犬種もいるので必ずしも長時間の運動が良いとは限りませんが、しっかり散歩の時間をとることで
犬がよりリラックスした状態になり癌の予防に効果的とされているのです。
 

今回ご紹介した犬の癌を予防する方法で、必ず癌が予防できるというわけではありませんが、
少なくとも飼い主さんが愛犬のためにできることがあるので小さなことからでも始めることが大切です。