大切な愛犬を守るために癌の原因を知り、癌を予防する努力を始めよう!

大切な愛犬を守るために癌の原因を知り、癌を予防する努力を始めよう!

愛犬の寿命は確実に人よりも短いことはみなさんもご存知かと思います。
だからこそ、大切な命を全うしてより長く一緒に暮らしていきたいのが飼い主さんの想いなのではないでしょうか。
人間と同じく、犬の死因の多くは「癌」と言われています。
悪性腫瘍である癌は放っておいて良くなるものではありませんし、
知らずうちに癌細胞が成長しているといったことも考えられます。
そのため、飼い主さんができることといえば、万が一愛犬が癌になるリスクに備えて早期発見のためにセルフチェックを習慣付けること、
そして、何か異常やいつもとは違うことを感じ取ったときにはすぐに動物病院に連れて行き、適切な診断や治療を受けるということです。
犬は人間のように人の言葉を話しません。
痛いと思っていてもそれを言葉で伝えることができないので、飼い主さんが犬の変化に気付いてあげるしかないのです。
そこで今回は、大切な愛犬を守るために「大切な愛犬を守るために癌の原因を知り、癌を予防する努力を始めよう」と題し、
犬の癌の原因とされていることや、癌を予防するために効果的とされている方法などを色々と見ていきましょう。
 
年齢を重ねた愛犬ほど要注意!犬の癌の原因について
人と同じように年を重ねた犬ほど、癌に侵されるリスクが高くなります。
そのため、年齢に応じて定期的に健康診断を受けることが大切ですし、早期発見をするためにも家でもできるチェックの方法を
飼い主さんが習慣付けることも必要です。
犬の癌の原因としてよく言われることに「老化」や「遺伝子的要素」、「ウイルス」、「紫外線」、「放射線」、「ホルモン」、「受動喫煙」、「化学物質」、「ストレス」などがあります。
 

老化やストレスによる免疫力の低下

高齢であるほど癌になるリスクが高まると冒頭でお伝えしていますが、老化が進むにつれ免疫力が低下してしまうので、
細胞が異常分裂を繰り返し結果的に癌細胞として成長してしまうと言われています。
免疫力の低下はストレスが原因の場合があります。
愛犬に大きなストレスがかかるとそれだけ免疫力は下がっていきますし、癌への抵抗力がガクンと低下してしまうのです。
 

遺伝子的要素により犬種により癌リスクが異なる

また、「遺伝子的要素」が癌発生率に影響していると言われています。
例えば、犬は年齢のほかに犬種によって癌発生率が異なります。
特に大型の犬種は癌になるリスクが高いとされていますし、大型でなくても癌になる可能性が高い犬種もいます。
 
 

紫外線が原因で扁平上皮癌のリスクが高まる

人の癌に関しても、紫外線をたくさん浴びてしまうと皮膚癌になりやすいとよく言われることがありますが、
犬もそれと同様に紫外線が原因で扁平上皮癌を発生しやすくされると言われているのです。
特に、太陽により近い耳や毛で覆われていない鼻先などに癌が発生しやすいとされています。

犬 がん

犬 癌